土地の名義変更をすることの意味

親が亡くなった時などは、その悲しみはもちろんですが、現実を考えるといろいろな手続きなどが待っています。

そして、その中の一つに、土地の名義変更ということがあります。

もちろん、死亡による名義変更だけではなく、その他にも名義変更をする機会はあるのですが、もし土地の名義変更をしなかったら、どのようなことになるのでしょうか。

土地の名義変更をしておかないと実際にどのようなことが起こるのかというと、今まで通りに住み続けていたとしても、特にどこかから指摘を受けることもなく、市役所から固定資産税の請求も今まで通りに来るので、特に問題も起こっていないように見受けられます。

しかし、もしそのまま放っておいたとしたら、後で大変なことになります。

もしそのまま家に住み続けていて、老朽化等に伴って家を建て替えたいという時や、売買をしたいと思ったとします。

しかし、もし名義が以前の方のままだったら、家の建て替えも売買も行うことはできません。

なぜなら、名義は他の人のものになっているので、持ち主ではない人が建て替えや売買をすることができないからです。

そのような場面になって、いきなり名義変更をしようとすると、とても大変なことになっているケースが多いです。

名義変更をする必要になった段階から時間を経ていることで、誰のものなのか、いったい誰のものにしておくと良いのかということで、多くの問題が発生してくるからです。

そのため、必要な時にはタイミングよく、土地の名義変更を行っておくことがとても重要なのです。

土地の名義変更は司法書士が行っていますので気になる方は早めに相談しておくと良いでしょう。

不動産名義変更手続センターは無料相談も行っていますので、喫緊ではないけれど将来必要になる、という方も一度相談してみるとよいでしょう。