土地の名義変更をする時はどんな時?

土地の名義変更をする時というと、最も多いのが相続による名義変更です。

不動産の持ち主が亡くなると、その後は誰が不動産の持ち主になるかということをはっきりさせておかなくてはならなくなります。

そこで、土地の名義変更を行う必要が出てくるのです。

これを、相続登記と呼びます。

また、その他よくある土地の名義変更は、贈与による名義変更です。

土地の持ち主が亡くなる前に、生前贈与という形で名義変更をしておくということも、よくあるケースです。

不動産の持ち主が、家族や親族、第三者などに無償で不動産を譲り渡す時に、土地の名義変更を行います。

ただしこの場合、贈与税が発生する恐れがあるので、よく検討して行う必要があります。

そしてもう1つの土地の名義変更のパターンとしては、売買による名義変更があります。

新築や中古住宅を売買したことで、今の持ち主から新しい買い手の方に持ち主が変わります。

そのことにより、名義変更をする必要が出てくるのです。

最後の土地の名義変更のケースとしては、財産分与による名義変更があります。

例えば、離婚する時に土地の名義変更をするということがあります。

もし離婚が裁判所の調停を経た場合は、相手方の言い分に関わらず、名義変更の手続きを行うことができます。

どの場合も、確実に土地の名義変更をしておく必要があることなので、司法書士などに相談してきちんと行っておく必要があります。

また、どのような理由で名義変更するかによって準備する書類も違ったりするので、いろいろ調べてみたりすると良いですね。

関連ページ・・≫[http://www.f-ans.jp/consult/bbs/d.asp?id=24

Comments are closed.