土地の名義変更に必要な書類

土地の名義変更に際しては、法務局に提出しなければいけない書類というものがあります。

どのような理由によって土地の名義変更をするかによって、用意する書類が若干変わってくるので、あらかじめ知っておくと役立つでしょう。

相続による土地の名義変更の場合、必要とする書類は、亡くなった方の戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、住民票の除票があります。

そして相続人の戸籍謄本、住民票が必要となります。

その他、固定資産評価証明書、相続関係説明図がいります。

ただし、相続の内容やそれまでの過程によっては、遺産分割協議書や印鑑証明遺言書や検認調書、不在籍証明書、不在住証明書、登記済権利証、上申書などが必要になるケースもあります。

生前贈与による土地の名義変更の場合、譲り渡す人の登記識別情報通知、つまり登記済権利証、印鑑証明の他、譲り受ける人の住民票、固定資産評価証明書、贈与契約書、贈与証書が必要となります。

売買による土地の名義変更の場合には、売主の登記識別情報通知(登記済権利証)、印鑑証明、買主の住民票、固定資産評価証明書、売買契約書です。

離婚等による財産分与のために起こる土地の名義変更の場合には、譲り渡す人の登記識別情報通知(登記済権利証)、印鑑証明の他、譲り受ける人の住民票、固定資産評価証明書、離婚協議書、財産分与契約書が必要となります。

もし司法書士に依頼する場合には、運転免許証などの本人確認の書類が必要になるケースもあります。

Comments are closed.