子供へ土地の名義変更をするにはどうするのか?

親から子供へと、親子間で土地の名義変更するためには、親から子供へ土地売却して売買する方法、親から子供へ贈与する方法となります。

親子間であった場合、基本的にはお金のやり取りを発生させないので不動産贈与という方法で土地の名義変更手続きをすることになります。

もしも、親から子供へ土地を贈与する場合は、税金の問題も大きく関わってくるので、贈与に関する確かな知識が必要となります。

親子間の土地の贈与をする場合は、専門家である司法書士などに相談するなどして基礎知識を学びながら手続をしていきましょう。

親から子供へ土地を贈与するということは、親が生きている間に贈与するということになるので、それを生前贈与といいます。

生前贈与をする場合に大事なことは、遺言によって相続する場合と比較する様にしましょう。

親の土地というのは、遅かれ早かれいずれは子供が譲り受ける相続財産となる土地と考えられます。

生きている間に贈与するのか、亡くなってからの相続するのかというのは検討する必要がありますが、目的は異なっても土地の名義変更としての手続は同じになります。

贈与をした場合は、贈与財産と見なされ贈与税がかかります。

贈与税というのは、贈与を受けた土地に対して贈与を受けた人に対して課税される税金のことをいいます。

贈与する財産であった場合、110万円以上であれば、必ず贈与税が課されます。

土地となれば、そのほとんどが110万円以上するので、当然贈与税が課税されるということになり、その贈与税は一般的にかなり高額になります。

土地を贈与されて、現金で税金を支払うということになるので、被贈与者にとって財産が増えたとしても、高額の贈与税がかかるとなれば、名義変更は損をするという感じになってしまいます。

そのことからも土地を親から子供へ譲る場合、贈与税がかからないように、もしくは子供に負担が大きくならない様に名義変更を行うことを検討することが重要です。

親子間であった場合、相続時精算課税制度というのがあって、これを利用することで、贈与税をかからない様にすることができます。

相続時精算課税制度では2500万円までの控除が可能なので、2500万円以内の土地である場合は贈与税はかかりません。

2500万円を超えた場合には贈与税が発生しますが、少しの額であれば、そう大きな贈与税にはなりません。

相続時精算課税制度というのは誰もが利用できるというのではなく条件があります。

相続時精算課税制度を利用できるのは、65歳以上の親から、20歳以上の子供、もしくは子供が亡くなっている場合は20歳以上の孫への贈与のケースに当てはまります。

また、利用するには相続時精算課税選択届出書を作成し、贈与した年から翌年の2月1日から3月15日までに申告書と一緒に提出する必要があります。

その際には、戸籍、住民票などの添付する必要書類があります。

どの様に登記簿上の所有者名義を変更するかを決めたら、法務局において所有権移転として、土地の名義変更の手続を行います。

Comments are closed.